2015年7月9日

第433巻 「木の実・草の実」

第433巻 「木の実・草の実」
室井 綽 巽 英明 著  1978年刊行
草や木に実がつくと、花が咲いた時とはまた違った喜びがあります。食べられる実、見た目は美しくとも危険な実など、様々な木の実草の実を写真とともに紹介します。


栗のイガから覗く実は、実りの秋の訪れを実感させます。栗はみんなが最も好きな木の実ではないでしょうか。木の実というと子供の頃は、まずドングリを連想しました。それはあの「ドングリコロコロ」の歌の影響もありました。


カリン やクコ の実は、お酒に漬けたり、乾燥させるなどして健康の為の食品としても用いられていますが、改めて木の実として眺めるとその木のとともに美しさも感じられます。





0 件のコメント:

コメントを投稿