2014年11月11日

第24巻 「小庭園」

第24巻 「小庭園」
吉村 巌 著 1963年刊行

経済成長に伴い、「小住宅」で紹介しされたような家を建て、次は庭を美しく整備するための入門書です。和洋様々な作庭の例と噴水や灯籠などのツールの写真が楽しく、これは著者が長年「そこここで写した素人写真」で「大変恐縮に思っている」というところに親しみを感じます。 


  このように本格的に造園され、季節ごとに植木屋さんが来て手入れをする庭は、現在の住宅では非常に少なくなりました。


「バビキューの炉」と言う表現が時代を表し印象的です。「休日は庭でBBQ」はこの頃が始まりだったのでしょうか?「支那鉢」という呼び方が時代を感じさせます。


子供の頃、庭にオブジェや彫刻、噴水を設えた庭を持つ洋風の邸宅はご近所でも有名になり、町内で、ある種の名所のように思われたものです。


0 件のコメント:

コメントを投稿