2014年2月8日

第354巻 「続 山菜入門」


第354巻 「続 山菜入門」
山田幸男 山田三重子著 1976年刊行

第323巻「山菜入門」の続編で、四季折々のー草花の調理方法や、毒キノコについても詳しく説明しています。



桔梗やボタンは観賞用のみの花だと思っていました。片栗粉をまぶして軽く揚げるだけの手軽さと、盛りつけに華をそえる美しさの両方があり、ぜひ試してみたいものです。



秋になると、寺社の門前などで、きのこを売っています。採れたてのきのこは網焼きでお醤油をかけるだけでもよし、バター焼きや天ぷら、パスタもおいしいと思いますが。。。



山菜採りで一番の問題は毒のある植物の見分けかたでしょう。ベテランの地元のかたでさえ時には間違えて病院に運ばれることもあります。われわれ素人はやはり詳しい方に教えていただけるイベントなどに参加した方がよさそうです。


0 件のコメント:

コメントを投稿